WareX

9:00〜17:00 weekdays phone050-5444-8738
search
  • Top Page
  • chevron_right 事例紹介
  • chevron_right 柔軟な倉庫運用ができ、同時に大幅なコスト削減にも成功!

柔軟な倉庫運用ができ、同時に大幅なコスト削減にも成功!

# アパレル
# 倉庫探しが大変
三菱商事ファッション株式会社
2021-05-31
Loading...

課題
イレギュラー対応の際に利用できる倉庫の選択肢が限られていた
解決
柔軟な倉庫運用ができ、同時に大幅なコスト削減にも成功

導入前に直面していた課題

mitsubishi-fashion1.jpg

全国のお客様と取り引きを進めるにあたって、イレギュラー対応が発生した際に適切なエリアの倉庫がスムーズに見つかるかどうかは重要な問題です。

三菱商事ファッション様では、柔軟に倉庫運用を可能にする目的でWareXを導入し、同時に大幅なコスト削減にも成功しました。そこで今回は、三菱商事ファッション様にWareX導入前の課題や導入時の感想、今後の展望についてお伺いしました。

早速ですが、三菱商事ファッション様がWareX導入前に抱えていた課題をお聞かせ願えますでしょうか。

三菱商事ファッション様:当社では、社内でイレギュラー対応が発生した際に適切な外部倉庫が見つからず、非効率なオペレーションを取らざるを得ない場面がよくありました。後ほど詳しくご説明しますが、社内で依頼できる倉庫の選択肢が限られていて、非効率だと分かっていても解消できる手段がなかったんです。

非効率なオペレーションの実態について、具体的にお伺いしてもよろしいでしょうか。

三菱商事ファッション様:これまで、弊社では寄託契約を結べている倉庫にしか荷物を預けることができませんでした。そういった経緯もあって、各案件に適した倉庫を見つけることにはとても苦労していて。限られた選択肢の中で保管方法や流通加工などの諸条件を満たす倉庫を探さなければならなかったので、オペレーションが煩雑になる場面がよくありました。

例えば、過去にお客様の倉庫が福岡県にある案件を扱ったのですが、当社には九州に寄託契約している倉庫が無かった為、一度荷物を大阪へ移動及び保管・作業を行い、必要なタイミングでまたお客様の倉庫がある博多へ運ぶ、という非効率な運用を行ったこともあるくらいです。

イレギュラーの貨物が発生して、一度使ってみようと思い導入した

mitsubishi-fashion2.jpg
これまで寄託契約を結んでいる倉庫を探すことに苦労されていた三菱商事ファッション様は、課題の解決をはかる手段にWareXを選ばれました。なぜWareXを導入したのか、決め手となった理由を詳くお伺いしました。

三菱商事ファッション様:今後倉庫を運用するにあたってWareXを導入してみようかと検討しているさなか、ちょうど社内で「販売時期が急遽先送りになった荷物を9ヶ月間できるだけ安く保管できる倉庫を探したい」というイレギュラーの貨物が発生してスポット対応が必要になりました。
良いタイミングだったので、WareXを通じて外部倉庫を起用してみようということになったのが導入の決め手です。

基本的に、メイン業務には寄託倉庫を利用していく方針です。小さな空きスペースが必要だったり、既存倉庫には入らない大容量の荷物があったりするときなど、イレギュラーのスポット業務にWareXを活用していくことで効率的な運用ができそうだと感じています。

WareXなら提携倉庫の選択肢が広く、便利だと感じた。

WareXを検討していただけた理由があればお聞かせください。

三菱商事ファッション様:先程お話した福岡県の案件の例のように、従来の運用体制では地域によって弊社の提携倉庫がなく、非効率な運用にならざるを得ない場面がありました。ですが、WareXなら提携倉庫の選択肢が幅広く、全国各地の倉庫から荷物の預け先を選べるのが魅力的だと感じています。

WareXの起用にあたっては、包括的に利用できる形で社内の運用ルールを整備したので、WareX上でマッチングする倉庫については、各倉庫ごとに新たに寄託契約を締結する必要がなくなりました。その点でも、運用面の省力化に貢献してくれています。

導入後のご感想や良かった点

大幅なコスト削減を実現!価格競争力の満足度も高い。

提携倉庫の選択肢の広さに魅力を感じてWareXを導入された三菱商事ファッション様ですが、実際にWareXを導入してみてどのように感じたのか、良かった点などについてお話を伺えますか。

三菱商事ファッション様:従来の提携倉庫と比較して、WareXを利用することで大幅なコスト削減を実現できました。想定していたコストの半額程度にまで抑えられたので、価格競争力の面でも非常に満足度が高いと感じて満足しています。

イレギュラー対応の場合時間がないケースが多い中、WareXのリードタイムも満足

リードタイムについてはいかがでしょうか。

三菱商事ファッション様:WareXのリードタイムにはとても満足しています。
通常、メイン業務の場合は、時間をかけて下見をした上で荷物を預ける倉庫を決める場合がほとんどです。しかし、イレギュラー対応の場合はどうしても時間がなく、急いで倉庫を決めなければなりません。実際にWareXを利用したイレギュラーな案件では、2週間強という短いスパンで倉庫を決める必要がありました。
自分たちで倉庫の詳細情報を調べると時間がかかってしまうので、事前に倉庫の情報を把握できるWareXはとても有効だと感じています。

契約締結もスムーズに進行!

契約締結のフローなどはいかがでしょうか。

三菱商事ファッション様:今回はWareXがベータ版の限定リリースであることもあり、暫定的なアナログでの対応でしたが、倉庫を探さなければならない期限までにスムーズに決められたので良かったです。今後、デジタル上で契約する方式で運用を開始すれば、更なる契約締結のフローを最適化できると期待しています。

また、メールや電話等にも、細かい要望に迅速かつ丁寧に対応して頂きました。契約に関する一連の対応には、とても満足しています。

今後の展望や戦略のビジョン

mitsubishi-fashion3.jpg

これまで倉庫探しに苦労されていた三菱商事ファッション様ですが、WareXの導入によって選べる倉庫の選択肢が広がり、コストダウンにも成功しています。

イレギュラー対応以外の倉庫選びにも、活用を広げたい

これまで倉庫探しに苦労されていた三菱商事ファッション様ですが、WareXの導入によって選べる倉庫の選択肢が広がり、コストダウンにも成功しています。WareXを活用した今後の展望や戦略のビジョンについて、どのように見通されているのかお聞かせ願えますでしょうか。

三菱商事ファッション様:まだWareXを使った取り組みは始まったばかりなので、今後社内にWareXの利便性が浸透していけば利用シーンが広がっていく可能性があると考えています。

既存倉庫様のパフォーマンスも流動的な面があって、倉庫活用の選択肢を広げる重要性は高いという見通しを持っています。例えば既存倉庫様のキャパシティが溢れてしまって、サテライト倉庫を作らなければならないときに、既存倉庫様と連携してWareXを使うなども選択肢のひとつではないでしょうか。

今後の倉庫戦略上での存在感は大きくなる可能性大!

WareX単体ではなく、連携して利用シーンを広げていくという考え方ですね。WareXによって今後の倉庫戦略も変わっていくとお考えでしょうか。

三菱商事ファッション様:そうですね。今後の倉庫戦略上、WareXの存在感はさらに大きくなっていくのではないかと考えています。導入後短期間で成果を上げられた点も大きいですし、さらに活用の選択肢は広がっていく可能性は十分にあります。今後の活躍にも期待しています。

WareXとのシステム連携について

現状ではWareXとWMSを連携せずに運用されていますが、今後についてはどのようにお考えでしょうか。

三菱商事ファッション様:WareXとWMSの連携については、お客様の倉庫のシステムの仕様にもよると考えています。お客様の使用している倉庫と連動しなければならない場面がどうしても出てきてしまうので、フォーマットを合わせたり、複雑なシステムに対応したりするのが難しい場合は連携せずに使った方が良いこともあると想定しています。

お客様のシステムと連携するとなると、システム改修が必須になってコストもかかるので、必要不可欠の場合を除けば柔軟に対応していきたい方針です。

倉庫から倉庫へ荷物を移送するためのトラックを自社で手配すると、どうしてもコストが高くなりやすい部分があります。現在は地場のトラック業者様に紹介して頂くケースが多いのですが、WareXでトラック業者も連携できるようになればさらに利便性が高まるのではないかと感じています。

単にシステム上で倉庫をマッチングするだけではなくて、輸送面も総合的にマネジメントできるとより便利になるかなと感じています。

今後のWareXの機能要望について

最後に、WareXへの要望があればお聞かせ願えますでしょうか。

三菱商事ファッション様:現在はWareX上で倉庫情報を閲覧するときに、内観や外観、所在地などの基本的な情報が表示されていますが、雇い入れ可能なワーカーの人数や荷物のキャパシティが分かるとさらに便利になるのではないかと思います。

また、どのような機材を持っているのかという点も気になります。金属探知機があるのか、オートソーターを持っているのかなど、機材の有無が倉庫の選定基準になる可能性もよくあるので…。当社から運び入れできる機材や建物の築年数などの情報もあるとありがたいですね。

清潔さについては、掲載されている写真を通じて判断したいと考えています。取り扱っている荷物が湿気を嫌うケースもあるので、エアコンなどの空調の情報も参照できると倉庫を選ぶときの参考になって嬉しいです。

弊社でも頂いたご意見を参考にしながら、さらに良いサービスを提供できるように取り組んで参ります。ありがとうございました!

三菱商事ファッション株式会社様のウェブサイトはこちら


前の記事
# 倉庫提供者
# 空きスペースを活用したい
WareXで、契約の狭間の空きスペースを有効活用!
ユーピーエスサプライチェーンソリューション・ジャパン株式会社
2021-09-21
次の記事
# 食品
# 倉庫探しが大変
WareXを利用して、よりセンターに近い倉庫を発見!
三菱食品株式会社
2021-05-17

WareX を…

もう少し詳しく知りたい方

無料セミナーはこちら

とりあえず使ってみたい方