WareX

9:00〜17:00 weekdays phone050-5444-8738
search

パレットのおすすめサイズは?素材や特徴による違いを紹介!

# 倉庫を知る
2021-05-20
Loading...

パレットとは?

warehouse-inside3.jpg

荷物を運ぶためのパレットにはさまざまな種類があり、用途に応じて使い分けることで高い効果を発揮します。日本国内や国際的にも一定のサイズ基準が定められていますが、国内では業種によって異なるサイズが用いられているという現状もあります。
そこで今回はパレットのおすすめサイズや素材の種類、それぞれの特徴による違いについてわかりやすくご紹介します。

概要

パレットとは、「荷物を乗せるための台」を指します。スノコのような形をしており、デッキボードに運びたい荷物を置いてフォークリフトのツメ部分を「差し込み口」に差し込むと簡単に荷物を運搬できるので、物流現場では生産性の向上を目的として日常的に用いられています。

パレットの種類

パレットの形状は「平パレット」と呼ばれる差し込み口だけが用意された平たい荷台が一般的とされていますが、実際には他にも多くの種類が存在します。

折り畳みや取り外しが可能な立体式のボックスパレットや車輪が付いているロールボックスパレット、ラックの機能も持ち合わせた支柱付きのポストパレットなどもよく見かけるパレットといえるでしょう。

さらに医薬品や食料品などにも用いられる紙素材のシートパレットや、飼料に使われるサイロのような形をしていることからサイロパレットと呼ばれるもの、液体の輸送に適しているタンクパレットなど、用途に応じて多くのパレットが使い分けられています。

パレットの標準サイズとは?

warehouse-dynamic.jpg

パレットは、国によって標準サイズが定められています。ここでは、それぞれの基準に分けて標準サイズをご紹介します。

国際規格

中国や韓国は「T11型」の1100×1100mmを標準サイズに採用しており、日本と同じ規格です。北米ではISO、欧州ではEURに基づいた統一規格を使用しています。

日本や中国、韓国はJIS規格に基づいてT11型(イチイチ型)を標準サイズとしています。欧州はEURであらわされる欧州統一規格の「1200×800mm」を使用し、北米ではISOに基づいた「1219×1016mm」が一般的です。

日本(JIS)

日本では、「T11型パレット」と呼ばれる1100×1100×144mmのパレットが標準サイズとして定義されています。

しかし実際には日本全体で3割程度しかこの「T11型パレット」を利用している業者はなく、業界ごとに異なるサイズを標準化しているのが現状です。そのため、パレットのサイズは100種類程度あると言われています。

業界別にさまざまなパレットが存在するので、現状では業者別にパレットを管理しなければならず、物流の効率化は難しい状況にあるといえます。

パレットのサイズと使われている業界

各業界で使われているパレットのサイズは次のとおりです。

酒類・飲料業界

酒類・飲料業界では、ビールケースを6箱積み込むのに最適な「1100×900mm」が利用されています。

食品・日用品業界

食品・日用品業界では最も流通量が多い「1100×1100mm」サイズが採用されており、購入だけでなくレンタルして他業者と共同利用しているケースもあります。

医薬品業界

医薬品業界では「1100×1100mm」が使われており、GMPと呼ばれる医薬品等の製造品質管理基準を守るためにプラスチック化が進められています。

冷凍食品業界

冷凍食品業界では、「1200×1000mm」が使われています。プラスチック製の場合はポリエチレンを使わなければならないという決まりもあります。

化学業界

化学業界ではドラム缶を4本積み込むのに適している「1220×1220mm」が使用されています。

農業業界

農業業界では、軽トラックの荷台に収まりやすい「1500×1500mm」が採用されています。

パレットの素材ごとの特徴

パレットに使われている素材には、さまざまな種類があります。用途ごとに使い分けることで利便性が高まるので、荷物に応じて適切なものを選ぶことが大切です。

木製パレット

パレットに使われている素材はさまざまですが、世界的に最もよく使われているのは木製パレットです。他のパレットに比べると安価に仕入れられて、荷物が滑りにくく壊れても補修しやすいというメリットがあります。しかし、最近では木材不足によって価格が不安定になっている側面も指摘されています。

現在多くの国々では、輸入される貨物に使用される木製のパレットをはじめ、厚さ6ミリ以上の木材を使った、木箱や木枠を含めた木製梱包材に対して、木材に付着した害虫による病害を防ぐために、輸出国側で殺菌消毒処理を施すことを求めています。
この処理を燻蒸(くんじょう)処理と呼んでいます。
処理方法としては、熱処理による方法と臭化メチルを使用した薬剤処理の方法があります。

燻蒸処理を施した木製梱包材には、処理済みであることを示すスタンプが押されます。
日本に輸入される貨物に木製梱包材が使用されていた場合には、燻蒸処理が施され、処理済みスタンプが押されていることが大前提となります。
万が一処理が施されていなかった場合には、植物防疫所に輸入検査申請を行い、検査を行います。
検査の結果、害虫の付着がなければ輸入許可となりますが、害虫が付着していた場合には消毒または廃棄等の措置を取らなければいけません。

金属パレット

耐久性や強度を重視する際は、アルミや鋼鉄で作られた金属製のものを用いるケースもあります。形状が豊富なので、用途に応じて選びやすいのが特徴です。一方で価格は他のパレットに比べると上がる場合が多く、重量があるというデメリットも挙げられます。

プラスチックパレット

ポリプロピレンやポリエチレンを材料として作られるプラスチックパレットは軽量かつ強度が高いのが魅力で、耐水性が高くカラーリングも自由自在というメリットも存在します。積み荷を傷めにくいので、使い方次第では利便性が高いといえるパレットです。

紙パレット

紙パレットはエコの面で優れておりリサイクルが容易で、パレットの制作納期が短いという利点が挙げられるでしょう。ワンウェイの輸送に使用されるケースも多いパレットで、同じ紙でもダンボール製やファイバーボード製など複数の種類があります。

パレットを選ぶ際のポイント

small_palet_size2_50365a2ea0.jpg

パレットを選ぶ際は、輸送方法に合っているかどうかや輸送先での取り回しも含めて検討することが大切です。次の2つのポイントに注意して選びましょう。

輸送方法との相性

輸送方法に合ったパレットかどうかを見極めた上で決めることが重要です。荷物をトラックに載せて運ぶ場合は、収納可能なサイズかをよく検討しましょう。最大限に積載スペースを活用できるパレットを選ぶことが、輸送効率の向上にもつながります。

加えて、使われている素材もポイントです。例えば紙パレットにおいては、最近では水分に強いものも登場していますが基本的には水濡れに弱い性質があるなど、パレットによって得意とする場面が異なります。荷物と特性が合ったパレットを選ぶことが大切です。

輸送先での使いやすさ

輸送元だけでなく、輸送先でも使いやすいサイズである点は業務効率化に大きく関係します。輸送先で荷卸しに支障をきたさないサイズか、入庫作業をスムーズに行えるかなど、輸送先作業との使いやすさを十分検討の上、パレットを選ぶ必要があります。

パレットサイズを揃える事で、輸送を楽にすることが可能です。荷物をパレット単位で積み込んで、そのままの状態でトラックなどに載せて輸送先で荷卸しを行う「パレチゼーション」を採用すると更なる作業効率化を期待できます。

パレットレンタルの拡大

最近では輸送元から輸送先まで同じパレットに荷物を載せたまま輸送し、荷卸ししたパレットをそのまま保管する「一貫パレチゼーション」が普及しており、パレットのレンタルが拡大しています。
一貫パレチゼーションを実現できれば人件費の削減や作業の効率化を期待できるため、年々複雑化する物流業務の中で、採用する事業者は増加しています。

寄託倉庫をカンタンに利用できる弊社サービスのWareXでも、保管や荷役をパレット単位で行うことが可能です。
空きスペースの営業倉庫化をご検討の事業者様は是非ご検討ください。

まとめ

パレットは素材により利点が異なりますので、輸送方法に合った素材の選択が、安全で効率良い輸送の実現へのカギとなります。サイズは業種によって異なるのが現状なので、自社の業種に適したサイズのパレットか否かの確認を十分に行う事をお勧めします。

さらに輸送元だけでなく、輸送先で取り回しが良いかどうかも重要な判断材料になります。最近では一貫パレチゼーションを実施する事業者も増えており、パレットレンタルの需要も増加しているので、パレット単位での保管や荷役が可能なWareXのご利用もご検討ください。


WareX を…

もう少し詳しく知りたい方

無料セミナーはこちら

とりあえず使ってみたい方