電話でのお問い合わせ phone 050-5444-8738

営業がいなくてもWareXなら倉庫を収益化できる!

# 倉庫提供者
# 空きスペースを活用したい
みなと運送株式会社
2021-12-27
Loading...

課題
営業担当の配置が難しく倉庫の空きスペースが出てもなかなか埋まらず困っていた
解決
WareXに登録するだけで代理営業。条件ありきのマッチング制のため荷主との交渉も最小限にできる

みなと運送様は営業担当の配置が難しく「倉庫の空きスペースが出てもなかなか埋まらない」という課題を抱えていました。その課題を解決するために、WareXの活用を進めています。
今回は、みなと運送様にWareXを導入したきっかけや導入後の感想、将来的なビジョンについてお伺いしました。

導入前に直面していた課題

minato_01.jpg

まずは、みなと運送様が導入前に直面していた課題についてお伺いしました。

倉庫の空きスペースを有効活用できていなかった

―早速ですが、WareXの導入前に直面していた課題を教えてください。

みなと運送様:みなと運送様:弊社つくば支店では主に輸出貨物の取り扱いをしており、倉庫スペースは貨物の入荷及び梱包そして出荷へと、荷捌きメインのスルー型倉庫になっており、恒常的に保管貨物を取り扱って収益を得る構造にはなっていませんでした。今回WareXを利用することになったのは、時期によって既存の荷主様の物流に変動があり、倉庫に空きスペースが発生することが多々あったためです。

―今まで倉庫の空きスペースを活用して収益化ができていなかったという課題をお話しいただきましたが、WareXを利用される前に、社内で収益化を推し進めようという動きはあったのでしょうか?

みなと運送様:元々、弊社は倉庫業ではなく運送業を中心に運用しており、倉庫スペースを営業するノウハウはもっていません。加えて、弊社の規模では営業担当を配置する余裕がなく、時々お客様からいただく保管案件を一方的に待っている状況でした。

WareX導入の決め手と理由

minato_02.jpg

続いて、WareX導入の決め手や理由についてお伺いしました。

営業担当の代わりにWareXを活用

―導入までの判断はスムーズでしたか?

みなと運送様:WareX導入前は営業担当がおらず、倉庫活用が難しい状況にあったのは先程お伝えしたとおりです。しかし、つくば支店では既存貨物も取り扱ってはいるため、発生した空きスペースを有効活用することは長年の課題でした。WareXはその点を解消できるサービスだと感じたので、社内で話したときにはすぐに「やってみよう」という流れになりました。

導入後の感想や良かった点

WareXを導入いただいたご感想や、良かった点などについてお伺いしました。

荷主様との交渉を最低限にできる

―WareXをお使いいただくことで、収益化は達成できましたか?

みなと運送様:今までは、空きスペースや時期が先方の条件と合致せずに調整が必要になることが多く、お客様からお声かけいただく案件が倉庫の状況にそぐわないことがよくありました。
荷主様と条件面を直接交渉する場合、「もう少しスペースを融通してもらえないか?」などのご要望が出て、立場上断りにくい場面が少なくありません。
WareXなら「お互いの条件がマッチングすることで成立する」という仕組みなので、荷主様との交渉を最小限にできるのが良い点だと感じています。

入荷や報告のタイミングが的確で安心

―WareXをお使いいただく上で「初入荷の連絡を早くしてほしい」「ドライバーの情報を早めに貰いたい」などのご要望はありますか?

みなと運送様:今回初めてWareXを利用したため不慣れなところはあったのですが、入荷や報告のタイミングは適正だったと思います。ドライバーの情報やスケジュールも事前にいただいており、物流の世界では急にドライバーが倉庫に来ることも多々ある点を考慮すると、非常によくできたサービスだと感じています。

使い始めたばかりなので見えていない部分もありますが、WareXでは貨物情報も事前にいただけるため、「取り扱いがうまくいくのか」を見極めやすいところも良いと感じています。入ってきた情報も、1パレットずつ番号が振られていたためわかりやすかったです。

物情報が正確で取り扱いが容易

―WareXでは入荷対応がしやすかったということですが、通常は苦労するものなのでしょうか。

みなと運送様:はい。弊社は輸出貨物の取り扱いがメインで、入ってくる貨物が当日までわからないことがよくあります。内容だけでなく、形状などが全くわからないケースも少なくありません。
しかし、今回WareXを通じて扱った貨物はすべて同一形状でパレット番号も振られていた為、取り扱いが容易でした。

オペレーション面での課題・感想

minato_03.jpg

WareXをお使いいただく上で、オペレーション面での課題や感想をお伺いしました。

スムーズにやり取りができて安心して利用できる

―WareXに対するご感想などはありますか?

みなと運送様:弊社が提示した見積もり金額でそのまま受注できていますので、満足しています。

―ありがとうございます。契約締結までのリードタイムはいかがでしたか?良かった点や改善点があれば教えてください。

みなと運送様:通常、契約の場面になると荷主様との手続きが煩雑になることもあるのですが、WareXでは三菱商事に間に入ってもらえるため、スムーズに進められて満足しています。
さらに、損害保険が用意されている点も安心です。

今後の展望や戦略のビジョン

最後に、WareXを利用するにあたり、今後の展望や戦略のビジョンをどのようにお考えなのかについて伺いました。

安定した収益を得るため会社全体で利用を推進

―今後どのようにWareXを活用される予定か教えてください。

みなと運送様:今後は長期的な倉庫提供で安定的な収益を得ていきたいという気持ちもあるため、さらにWareXを活用していきたいと考えています。弊社の規模感では案件を獲得するために営業を置くことが難しいという課題もありますので、WareXを利用することに大きなメリットを感じています。
弊社のほかの事業所にもいくつか営業倉庫があり、つくば支店と同じように空きスペースが出ることもあります。そのためほかの事業所でもWareXを登録したいと考えており、会社全体で登録に向けた取り組みも始めています。

WareX利用者が増えマッチングが増えることを期待

―WareXに期待することがありましたら教えてください。

みなと運送様:荷主様が増えてWareXが大きくなるほど、ますますチャンスが増えると感じています。WareXがより様々な場所に広がって、マッチングの機会が増えればいいなと期待しています。
現在は寄託の保管案件に特化していますが、弊社は輸出入貨物に関するバンニング・デバンニング(※貨物を海上コンテナに荷積み・荷卸しすること)などに特化しているため、そのような倉庫利用や、本業の輸送案件(コンテナインランドデポも併設)につながるマッチングも紹介できるようなコンテンツが今後WareX上で展開されると嬉しいです。

事業拡大のために倉庫スペースの拡充を検討

―みなと運送様では、寄託以外に賃貸の案件などはありますか?

みなと運送様:弊社の倉庫自体が荷役を行っているため、賃貸で一部提供しているところもあります。しかし基本的に荷主様は弊社に作業を依頼したいと考えておりますので、作業費に賃貸料を含めて弊社が代行するのが一般的です。
弊社としては現在、輸入貨物に強く興味をもっている状況です。輸入貨物を取り扱うためには倉庫スペースが不足しているため、「少しずつ倉庫スペースを増やそうか」という話もしております。

―貴重なご意見ありがとうございます。お伺いしたお話を参考にして、さらに使いやすいサービスを提供していきたいと考えています。お忙しい中、本日はありがとうございました。


前の記事
# 建材卸
# 倉庫探しが大変
# 保管スペースが足りない
アイテム数拡張のために外部倉庫としてWareXを活用
橋本総業株式会社
2022-01-11
次の記事
# 倉庫提供者
# 空きスペースを活用したい
WareXで、契約の狭間の空きスペースを有効活用!
ユーピーエスサプライチェーンソリューション・ジャパン株式会社
2021-09-21

WareX を…

もう少し詳しく知りたい方

無料セミナーはこちら

とりあえず使ってみたい方

  • トップ
  • chevron_right 活用事例
  • chevron_right 営業がいなくてもWareXなら倉庫を収益化できる!